読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代が英国でデータサイエンスを学ぶ

特に説明はございません

留学記②ロンドンで絡まれて1

ロンドン留学記

ですます調で文章を書いていたのですが、どうにも書きにくいため、である調に変更いたします。仕事をしていた時に、である調の文章ばかりを書いていたせいでしょうか、それとも別の要因があるのでしょうか、私にはよくわからないのですが、ですます調がなんとなくしっくりこないものですから。


 幸いなことに、私は日本で暮らしていた時、町中で人に絡まれるという経験がなかった。もちろん、私が育ったのが東京近郊の某県の田舎であったこともその要因であろう。ただ、仕事を始めてからはずっと東京に住んでいた。それもあまり治安の良くない新宿のど真ん中に住んでいたため、マンションでは傘が盗まれるなんて日常茶飯事で、マンション内で暴力事件が起きて警察が来たり、明らかに堅気ではない方達が集まっているところもよく見かけた。仕事柄、帰りが深夜になることが多かったが、2時でも3時でも人が通りを歩いていて、始めのうちは脅されたりしないか不安を感じていたが、慣れてくると逆に人通りが多いことに安心感を覚えた。毎晩、仕事終わりには疲労しきっていたため、家に帰ってきた時に真っ暗で寝静まった環境だと精神的にもダメになっていたかもしれない。おそらくこの感覚はあっていたのではないか、と思っている。


 一度、同じ新宿区内で少し静かな環境に引っ越したのだが、どうにも身体的にも精神的にも良くなかった。仕事柄なかなか早く帰ることが出来なかったので、その引っ越し先では、いつも家の周りは真っ暗で静かだった。その静けさが、街の明かりが無いということが、疲れた自分をさらに暗い気分させていた。そして、これだけ人通りが無ければ、逆に危険なのではないかと思うようにもなった。その後、次の引っ越しでまた新宿の中心からほど近いところにマンションを借りたのだが、こちらの方がなんとなく安全な気がした。


 こういった個人的な経験から、都会で危険な場所に近寄らずに過ごしている方が、人通りの少ない地域や田舎に行くよりも安全なのではないかと思うようになった。だから、仕事やプライベートで海外に行く時も都会であれば安心していた。危険な場所に自ら近づかなければ、大きな問題は起きないだろうと。私の場合、アメリカに行くことが多かったのだが、ロサンゼルスやニューヨーク、シカゴといった大都市でも一度も危険な目に遭うことは無かった。逆に言えば、安全な場所にしか行かなかったということでもあるが、私は常に“生き残ることが大切”だと考えているので、それで問題ないと思っていた。


 ところが、サンフランシスコに行った時に、一度意味の分からない絡まれ方をしたことがある。SFOから電車に乗ってホテルに向かっていた時、疲労がたまっていたせいもあり、うつらうつらとしながら座っていたところ、いきなり脚を蹴られた。痛みと驚きで目を前に向けると、中年男性が何かを言っていた。あまりにも急なことだったのと、私の悲劇的な英語力のせいで彼が何を言っているのかまったく理解できなかったのだが、怒っていたのはなんとなく伝わってきた。その後も、2回、左脚を蹴ってきたが、あまり本気でないことがわかった。というのも、彼の肉体から考えれば、もっとダメージを与えることが出来るはずなのに、ただ威嚇する程度の力しか込められていなかったからである。その後、床に唾を吐き、また何かを言っていた。さてどうするか、と考えたが、数秒も待たずにとりあえず謝ろうと思った。喧嘩したところで絶対に勝てない。何か悪いことをしたのかと訪ねようにも、コミュニケーションが取れる雰囲気でもない。そこで、日本語訛りの英語で謝ったところ、目が合って数秒、彼は別の席に向かっていき、そこで別の乗客と揉め始めた。未だに原因はわからないが、無差別で乗客に絡んでいたのかもしれない。時間帯も22時を回っていたし、お酒が入っていたのかもしれない。ただ、初めてそういった経験をしたので、無事であったことに感謝し、やはり危機管理は大切だと改めて思わされた。

 ロンドンに来てからは無事に過ごしていたのだが、先日ついに絡まれてしまった。話が長くなるので、次回に。