英国でデータサイエンスを学ぶ

30代になってから海外で統計学・機械学習・プログラミングを勉強

MENU

備忘メモ:C++のコンパイル

何年も前に日本で大学院生をしていた時は毎日のようにC++でコードを書いていたのですが、歳をとると忘れてしまいますね。
自分のための備忘メモです。


まずはサンプルプログラムの準備から。
懐かしいですね。

#include<iostream>

int main(){
    std::cout<<"hello world"<<std::endl;
}

これをtest.cppというファイル名で保存します。

次に、保存したディレクトリにターミナルで移動してから

g++ -o test test.cpp

と入力してコンパイルを実行

実際にファイルを実行するには

./test

とすれば

hello world

と出てきます。

c++11の機能をしようする場合には、以下のようにコンパイル

g++ -std=c++11 -o test test.cpp