英国でデータサイエンスを学ぶ

30代になってから海外で統計学・機械学習・プログラミングを勉強

MENU

GMTその1 基本的な使い方(メルカトル図法)

地図を描画するにはいろいろなソフトがありますけれど、個人的にはGMTで作成する地図が好きですね。

GMTとは何か、を詳しく知りたい方は、ハワイ大学のこちらのページが参考になります。
gmt.soest.hawaii.edu


以下は基本的な操作を備忘的に。


1. GMTを用いたメルカトル図法での地図描画

1-1. イギリスの白地図を作成してみる(最小限の設定)

せっかくイギリスに留学していますので、イギリスの白地図を作成するところから。
世界地図だと広すぎますしね。
必要なコマンドは以下の通り。

gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di > map1.ps
gmt psconvert map6.ps -E36 -A

たったこれだけのコマンドで次のような白地図が作成されます。


f:id:detailed-balance:20180408235626j:plain

なんて簡単なんだ!!と思える方にはこれから先の記事は役に立たないと思います。
ちなみに私の場合は、なんだこれは。。。。と途方にくれました。

ということで詳しい中身を、自分が忘れないためにも。GMTって使用頻度少ないですからね。



1-2. イギリスの地図を作成してみる(陸地と海に色を塗る)


gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue > map8.ps
gmt psconvert map8.ps -E36 -A

  • Sで海の色を設定
  • Gで陸地の色を設定


f:id:detailed-balance:20180409001151j:plain


1-3. イギリスの地図を作成してみる(国境線と河川を描画する)

国境線を入れる
gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 > map9.ps
gmt psconvert map9.ps -E36 -A



f:id:detailed-balance:20180409002113j:plain

  • Nで国境線のオプション設定

国境線のオプションは以下の4通り

  • 1 = National boundaries
  • 2 = State boundaries within the Americas
  • 3 = Marine boundaries
  • a = All boundaries (1-3)

10.
細かな構造を省略する
gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 -A1000 > map10.ps
gmt psconvert map10.ps -E36 -A

  • Aで●km未満の構造を省略

f:id:detailed-balance:20180409003434j:plain



11.
軸・目盛り・グリッドを入れる
gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 -A1000 -Ba5f5g5 > map11.ps
gmt psconvert map11.ps -E36 -A

  • Bで枠・目盛り・グリッドを設定

a : 目盛り
f : 枠
g : グリッド

f:id:detailed-balance:20180409004306j:plain



12.
解像度を下げたことによる文字の粗さを修正
gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 -A1000 -Ba5f5g5 > map12.ps
gmt psconvert map12.ps -E36 -A -Qt

  • Qtで文字の粗さを修正

f:id:detailed-balance:20180409010121j:plain


13.
解像度を下げたことによる画像の粗さを修正
gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 -A1000 -Ba5f5g5 > map13.ps
gmt psconvert map13.ps -E36 -A -Qt -Qg

  • Qgで画像の粗さを修正

f:id:detailed-balance:20180409010442j:plain



14.
表題をつける
gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 -A1000 -Ba5f5g5:."Fig1":> map14.ps
gmt psconvert map14.ps -E36 -A -Qt -Qg

."タイトル"
で表題をつける

f:id:detailed-balance:20180409012106j:plain


15.
河川を描画する
gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 -A1000 -Ba5f5g5:."Fig1": -Ir > map15.ps
gmt psconvert map15.ps -E36 -A -Qt -Qg

1 = Permanent major rivers
2 = Additional major rivers
3 = Additional rivers
4 = Minor rivers
5 = Intermittent rivers - major
6 = Intermittent rivers - additional
7 = Intermittent rivers - minor
8 = Major canals
9 = Minor canals
10 = Irrigation canals
a = All rivers and canals (1-10)
r = All permanent rivers (1-4)
i = All intermittent rivers (5-7)
c = All canals (8-10)


f:id:detailed-balance:20180409015551j:plain


16.
スケールの設置
gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 -A1000 -Ba5f5g5:."Fig1": -Ir -Lf0/48/48/250 > map16.ps
gmt psconvert map16.ps -E36 -A -Qt -Qg

  • Lx/y1/y2/l

x :スケール位置の経度
y1:スケール位置の緯度
y2:スケールの距離を計算する緯度
l :スケールの幅


f:id:detailed-balance:20180409015611j:plain


17.
図中にシンボルを描画
ロンドンに星マークを、グラスゴーに丸マーク

gmt pscoast -R-12/2/49/60 -JM16c -W1 -P -Di -GForestGreen -SLightBlue -N1 -A1000 -Ba5f5g5:."Fig1": -Ir -Lf0/48/48/250 -K > map18.ps
gmt psxy london.txt -JM16c -R-12/2/49/60 -Sa1 -Gred -O -K >> map18.ps
gmt psxy glasgow.txt -JM16c -R-12/2/49/60 -Sc1 -Gblue -O >> map18.ps
gmt psconvert map18.ps -E36 -A -Qt -Qg

  • K:作製した図にさらに追記する場合に記載
  • O:すでにある図に追記する場合に記載

london.txtにロンドンの経度・緯度を記載
glasgow.txtにグラスゴーの経度・緯度を記載

  • Sa1:星マークでサイズ1
  • Sc1:丸マークでサイズ1

f:id:detailed-balance:20180410224605j:plain